読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

toporuxy's blog

あけおめ

天候を操る人々

雨男や晴れ女という言葉をご存じだろうか。


その人が外出したり、何かのイベントに参加したりすると、たちまち雨になったり晴れになったりするとかいうアレだ。


そんな馬鹿げたことがあるだろうか、いや私は信じない。




そこで彼らについて少し考察を深めてみた。


どんなときに晴れる(雨が降る)のか?

天気予報などを見ればよく言われていると思うが、

「高気圧に覆われれば晴れ、低気圧なら雨」

だそうだ。


つまり、地上よりも上空の方が気圧が低ければ上昇気流が発生し、雲が出来やすい。

また逆の状態であれば、下降気流により晴れるとのこと。


こういった気流は圧力勾配に基づいて力が発生する以下の式によるものだと思われる。
F = - \nabla P

天候を操るとは?

では、彼らが何をしているのか考察する。


例として雨男について考える。
雨が降るということは

  1. 地上付近の気圧を上昇させる
  2. 上空の気圧を低下させる

のどちらかだと予測できる。(簡単のため気流の発生が気圧のみに起因するとした。)

どちらがより現実的(?)であるか考えると、本人達が地上にいることから1番の方がまだありえそうな気がする。



では、具体的に気圧を上昇させるにはどうするべきか。

気体の状態方程式PV = nRTに従うと、
気圧を上昇させるには、

  1. 粒子数を増加させる
  2. 温度を上昇させる
  3. 空間の体積を小さくする

のどれかだと考えられる。

このうち1番は質量保存則からどうにも考えにくい。


では、2番と3番の合わせ技だと仮定するとどうだろう。

自ら熱を放ち、かつ周囲の空間に対して力を与え空間を縮める。

それを人間に当てはめると、、、


雨男とは、「顔面の圧が強く、怖がられていて、かつ熱血な男」だと推察できる。






と、ここまでは良かった

ここで具体的にこれらの条件に合致する人物を考えてみると、

ふと、とある人物が思い浮かんだ。



暑苦しいぐらいの熱血で、顔も濃いめな男、


そう、松〇修造氏だ。



しかしどうだろう、
彼の行く場所行く場所気温が上昇し晴れになるという。

結果からみるとどう見ても晴れ男だ。


気温上昇は可能なのかもしれないが、気温上昇と圧力上昇には相関はないのかもしれない…



てなわけで、私の考察は見事打ち砕かれました。



(このブログはネタです。論理はガバガバだし、統計を取るにはサンプル数が1つとかありえないし、そもそも松〇氏と天気には何の相関も無いです。)

人は何故追い詰められて初めて本気を出すのか、然りとて僕は泰然自若と正月を過ごす

あけましておめでとうございます!
昼間からお酒飲んでダラダラするだけの正月は最高である。

2017年の元日といえば、
そう、うるう秒が挿入され普段より1秒長い元日でしたね。

閏秒(うるうびょう、英: leap second)は、現行の協定世界時 (UTC) において、世界時のUT1との差を調整するために追加もしくは削除される秒である[1][2]。この現行方式のUTCは1972年に始まった。2015年までに実施された計26回の閏秒は、いずれも1秒追加による調整であった[3]。
27回目の閏秒の挿入は、2017年1月1日午前9時直前(日本時間)に行われた[4]。

閏秒 - Wikipedia

つまり日本時間で2017年1月1日の8時59分59秒と、9時0分0秒の間に、8時59分60秒が挿入されたということだ。
1秒長くする、と言葉にするのは簡単だが、コンピュータにとってみれば大問題らしい。
Googleうるう秒による問題を回避するために、前後20時間にわたって時間の流れを低速化させ、1秒を1.0014秒とすることでうるう秒を吸収してしまったみたいです*1
うるう年はシステムに組み込まれているのに、うるう秒には対応できないのは、やっぱうるう秒が周期的にやってこない事が原因なんですかね。
自転周期の計算精度が向上すれば組み込めるのかもしれないですが、私には分かりません。
あとどうでもいいですが、1秒追加をうるう秒と呼ぶのなら、1日追加する2月29日の呼称はうるう日が正確ですよね。
単にうるう日のある年をうるう年と呼んでいるだけなのでしょうけれど…。



はい、そんなことはさておき、私の元日の話です。

誠に残念ながら研究しなければなりませんでした。


これは実際オーバーに書いてますが、シミュレーション回してパワポ作ってたのはホントです。環境に感謝。
といっても延々やってたわけでもないので、祖父母宅で弟妹と小学生のいとこと遊んでました。
もっと焦るべきである。


あと特筆すべきことは、モンストの10連ガチャで確定演出、
f:id:toporuxy:20170102031746p:plain
からのお正月ルシファーを当てたことです。
f:id:toporuxy:20170102031844p:plain
そもそもルシファーを持っていなかったので大歓喜でした。
欲を言えばパンドラも欲しかった…。


余談ですが、うるう秒の瞬間にジャンプするか叫ぶか、悩みに悩んだ挙句寝坊しました。

日常について

なんとなくブログを開設してみた。
とりあえず現在の日常について書いてみる。

 

  • 月曜

2限に電気回路特論、4限に量子計測工学の講義が共に桂キャンパスである。
正直出席が非常に億劫である。
そのあとは連絡バスで宇治に移動し研究室に行くかもしれないし、行かないかもしれない。
量子計測工学は量子力学雑魚の自分には難解です。

  • 火曜

3限に宇宙電波工学がある。
火曜は講義が宇治キャンパスなので朝から研究室に行って研究することが出来るよ、やったね。

  • 水曜

電磁気学特論という講義が3限に桂であるのですが、
教科書読めば理解できるしレポートは簡単なので最近出席していません。
単位を落とすつもりは全くないです。
そのため、研究室に行くかサークルに顔を出すかの二択でいつも心が揺れる。

  • 木曜

15時から学生ゼミがあり、夜はバイト。
それ以外は研究。

  • 金曜

バイト、それ以外研究。
0時頃帰宅した後、明け方近くまでゲームをしていることが多い。
どういったゲームをするのかについてはまたいずれ。

  • 土曜

サークルに行く。

  • 日曜

たいていの場合家にいる。もしくはバイトのときもある。

 

書いていて思ったが、中身の無い日々である。